川越歯科グループ
本川越歯科
ウニクス川越歯科 ウニクス川越歯科Web予約
ウニクス川越歯科
ブログ

2018年2月2日

ウニクス川越歯科は新しい滅菌システムを導入しました!

こんにちは。ウニクス川越歯科です!

この度新しい滅菌器システムを導入し、より高度な滅菌が可能になりました。

近頃、歯科医療の滅菌やタービンの使い回しについてメディアを通じて目にするようになりました。

もちろん今までも患者毎に器具を滅菌交換、できる限りディスポーザブルの物を用い交叉感染の予防に勤めてきましたが、ウニクス川越歯科では最新の滅菌システムの導入に踏み切りました!

 

医療機関は洗浄や消毒ではなく「滅菌」が求められます。

 

滅菌・消毒・洗浄とは?

医療の現場ではこのように明確に分類されています。

・滅菌 全ての微生物を滅殺または除去すること

・消毒 対象物から多数の微生物除去を行うこと、または人体に有害な微生物の感染力を害のないレベルまで減らすこと。(全ての微生物の滅殺ではありません)

・洗浄 垢や汚れ、体液、有機質などをきれいに除去すること。

 

この度導入したDACユニバーサルというシステムはドイツ製でヨーロッパの滅菌基準、クラスSをクリアした歯科用のタービン、コントラ(簡単にいうとドリルです)の滅菌を短時間で行える滅菌器です。

通常の滅菌システムでは内部の滅菌は行えません。

 

ドリル内部に付着した汚れ

左 菌類を含む汚れが溜まったドリル内部

右 洗浄・滅菌行った後の内部

 

 

こうやってドリル内部のオイル、切削片、血液、唾液などを取り除きます

 

 

短時間で行える代わりに一気に多数の器具を滅菌できず、常に滅菌をするスタッフが必要にります。

導入コストもかかりましたが、時間のコストも今後継続されます。

しかし、導入に踏み切った理由は

 

「見えない所にこそ医療はまじめであるべきだ」

 

と考えたからです。

 

滅菌を行う歯科医院は珍しくなく当たり前のことですが、ここまで行う歯科医院は埼玉ではどのくらいあるでしょう?

きっと日本国内でも数パーセントでしょう。

 

 

導入にあたり仕事が増えることを嫌な顔せずにむしろ喜んでくれた先生方、衛生士さん、アシスタントのみんなありがとう!

ウニクスのスタッフはみんな真面目だなとつくづく思いました。

 

今後もウニクス川越歯科は知識のアップデートをはかり、それに伴う設備投資で少しでも患者さんに還元できるように努めたいと思います。