川越歯科グループ
本川越歯科
ウニクス川越歯科 ウニクス川越歯科Web予約
ウニクス川越歯科
ブログ

2016年5月31日

出っ歯って何でしょう?

出っ歯とは歯科医療現場で上顎前突症のひとつとしてみますが、一般的な見解として「歯が大きく見える」事を指すようです。

有名人では、上戸彩さんなんかも出っ歯に位置付けされてしまうみたいですね(^◇^;)
僕が小さかった頃は出っ歯と言えば明石家さんまさんかおそまつくんのイヤミが代表的で、歯の綺麗な女優さんは該当しなかったものですが、出っ歯の基準も時代の変化をうけるのかもしれませんね^ ^

さて、出っ歯だと何が問題なの??

⚪︎見た目の問題
日本人はおしとやかに笑う文化の為か、あまり歯を見せて笑う習慣がありません。
そのためか歯並びについて無頓着な場合が多いです。
日本に旅行に来る外国人が驚く項目に日本人の歯並びにの悪さがしばしばあげられます。
アメリカ人は表情も言語の1つと捉えているためか歯を見せる事を意識します。そのため、歯列矯正は一般的に行われています。
歯並びが評価の対象になる事を気にされた元メジャーリーガー新庄選手は渡米直前に数百万円かけて歯科の集中治療を受けたそうですよ(⌒▽⌒)
⚪︎むし歯・歯周病が悪化する
出っ歯場合口唇が閉じにくく、意識しないと常に口が開きっぱなし。それは口腔乾燥を引き起こし、唾液による自浄作用も失われます。
⚪︎奥歯を失い易い
理想的な噛み合わせには前歯と奥歯の仕事量のバランスが重要です。前歯が働いている時は奥歯は休み、奥歯が働いている時は前歯が休みます。
前歯が噛み合わない出っ歯では常に奥歯が働きっぱなしの状態になり、悲鳴をあげます。悲鳴は痛みとして自覚される事が多いですが、神経の無い歯では破折→抜歯になるケースもあります。

上記は一般的な出っ歯(歯が大きく見える)では無く、上顎前突症の事です。
該当するかはしっかりとした診断が必要です^ ^