川越歯科グループ
川越歯科グループ
本川越歯科 ウニクス川越歯科
ウニクス川越歯科
ブログ

2016年9月23日

小さな虫歯

本当に小さい虫歯?

 

みなさん歯科定期検診には行っていますか?

「痛くなったら歯医者に治しに行けばいく」そういう考えの人も少なくないはず!

実は虫歯そのものには痛みが無く、痛みを感じるほどの虫歯は相当大きく神経に触れるほどの虫歯です。

これは検診時に見つかった虫歯ですが、歯の表面は少し黒く針先ほどの小さな虫歯。

 

患者さん自身の自覚症状はありません。

歯の表層であるエナメル質を少し削り取り虫歯にアクセスしていきます!

虫歯のみ青く染まる特殊な染色液を使い丁寧に取り除くと、、、。

hb100007_160904163546%e8%aa%bf%e6%95%b4%e5%be%8chb100007_160904163720%e8%aa%bf%e6%95%b4%e5%be%8chb100007_160904163944%e8%aa%bf%e6%95%b4%e5%be%8chb100007_160904164506%e8%aa%bf%e6%95%b4%e5%be%8chb100007_160904164202%e8%aa%bf%e6%95%b4%e5%be%8c

 

こんなに中では大きくなっていました

ちょうど中で大きく広がる洞窟みたいイメージです!

このタイプの虫歯で治療せずに放置していると天井が大きく崩れてしまい、歯が欠けた事で事態に気付き治療をうけて大きな被せ物になってしまします。

天井が崩れなかった場合でも、後に痛みが現れ

「痛くて眠れない」→「神経を抜く」になりかねません。

実はこの虫歯、大きく広がっている事はわかっていました。

レントゲン写真です。

dsc_0029

 

中でモヤっと黒く抜けている箇所、わかりますか?

ちなみに隣で横たわっっているのは親知らずです。

このケースは幸い神経の部屋とつながる事はなく神経を保存出来、小さくCR(コンポジットレジン)と呼ばれるプラスチック樹脂で修復出来ました^ ^

hb100007_160904165250%e8%aa%bf%e6%95%b4%e5%be%8c

レントゲン写真は虫歯発見に大きく役立ちます。

虫歯も早期発見、早期治療が大切です。

みなさん定期的な検診を^ ^